読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Photo Walk

カメラを持ってぶらぶら(NewFM2,GR1s,DMC-GM5 etc.)

STRAVAとRuntastic

早朝の自転車トレーニングは、スマートフォンにサイコンアプリで距離やスピードなんかを計測しながら行ってます
当初は、
Runtasticを内蔵GPSだけで計測していましたが
途中から、ケイデンスも知りたいなと思い
ケイデンスセンサー付けて
そちらも計測に使うように変更しました

ところがと言うか、なんというか
距離の計測が合わないような感じがしています
これが当初の
Runtasticと内臓GPSで計測したもの
Screenshot_20160914-162344


次に
RuntasticとBluetoothケイデンスセンサーで計測したもの
Screenshot_20160914-162333



同じアプリなのに20%も距離が違います
どっちが正しいかわからないなあという感じでは有りますが
ネットで調べたところ、どうも、センサーとアプリの相性が悪く
GPSの方が割りと正確っぽいです
となると、折角付けたセンサーを活用するためには
Runtasticは使えません
ということで、そこそこ評判の良いSTRAVAで確認してみると
Screenshot_20160914-162313


こちらだと3%程度の差かな
と思ったのですけど、どうもケイデンスセンサーを使った距離積算ではなく
GPSで見ている感じです
しかも、走行中の表示は平均速度や平均ケイデンスを示してますので
実用性は0です
有料版を使えばリアルタイム表示も出来るようですが
月払いのみと非常にコストが掛かりますので、さすがにありえないかなと
ということで、正直どうにも出来そうにもありません

まあ、仕方ないので
ケイデンスセンサーは、TOPEAK純正アプリと接続して
走行中はそちらを表示しようかなと
で、トレーニングの結果関係は、RuntasticにGPSの積算にて見るようにしていこうかなと

所詮自己満足では有りますけど