読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Photo Walk

カメラを持ってぶらぶら(NewFM2,GR1s,DMC-GM5 etc.)

結局、GM5

P9960266

DMC-GM5+30/2.8Macro

COOLPIX A900が動画にしろ静止画にしろ万能性が高く
ある程度までは、これ一台で十分だなって判断したところ

で、もうちょっと良い写真を撮りたいなって思った時のために
X100Fを導入したのだけど
GM5から考えると何しろ大きすぎ・・・

X100Fを持ち出すときは、A900を一緒にというのが面倒な感じで
もうちょっと望遠が欲しいなと思ったりすることが多々あったり

なので、今回は
GM5に30/2.8MacroとCOOLPIX A900の組み合わせにしてみたところ
個人的には、ハマった感じ

DSCN0320

COOLPIX A900

とまあ、絶対的な画質では
GM5もA900ももの足りないとは思うのだけど
持ち出さないと何も撮れないってのが自分にとって大事なことなので
A900とGM5を活用していくってのが、今後も続くんだろうなと

EXILIM ConnectとSnapBridge、ついでにEye-Fi mobi

2017-04-07_01-06-29

バイクツーリング中にインターバル撮影して
それを後で、動画風にまとめるってことを意図して、EX-FR100を導入
16mm単焦点ということで、かなりの広角ですが、
静止画の画質とかは特に必要なしということで、本当にバイク用としての導入

で、Casioは、NikonのSnapBrideと同様のことが出来るEXILIM Connectがある
どちらかと言うとEXILIM Connectが先なので、こっちが元祖かな

SnapBridgeが便利に使えだしたので、EXILIM Connectはどうなのかちょっと興味津々なところもあって
たくさんあるアクションカムの中で最終的に、EX-FR100にしたってのもある

まず、SnapBridgeの動きは
撮影後、カメラの電源Off状態でも転送OK
転送量が少なければ、Blietooth接続のみで転送
転送量が多いと、Wifiも使って転送
ってな感じ
使い始めは、転送されなくて色々と試行錯誤したのだけど
アプリを立ち上げておけば、確実に転送されるってことがわかったので、最近は問題なし
これは、多分、スマートフォン側の省電力設定が問題なので仕方ないかなと

次に、EXILIM Connectは
撮影後、カメラの電源Off状態だと転送不可
スリープ状態にしないと駄目(30秒てど放置)
転送はどんな時もWifi
アプリを立ち上げて無くても転送されるような気がする、けどもうちょっと確認しないとわからない

というような感じで、思ったより動きに差がある
使いやすいのは、圧倒的にSnapBridgeの方
カメラの電源切ってOkというのと、数枚だとBluetoothで転送ってところが使い勝手が良すぎる
普通にスマートフォンでネット使ってても大丈夫

ついでに、Eye-Fi mobiなんだけど
どちらかと言うと、EXILIM Connectに近い感じ
こっちは、Bluetooth無しで、Wifiで接続してるので、転送中はスマートフォンはネットに繋がらない
あと、X100Fとの問題なんだけど
転送中でもスリープに入るのが面倒
GM5とかみたいに、公式にEye-Fi対応だと
転送終了するまでスリープに入らないっていうのは、まだまし

で、今後は出来ればSnapBride対応機が増えてくれればNikonメインにしたいぐらい便利
Nikon1シリーズを復活させて欲しいなあと
もしくは、m4/3に参入とか?まあ無理か

今後も、写真はSNS系で使うのが99%だと思うので、スマートフォンと相性のいいSnapBridgeに期待したいなと

DSDSとmicroSDを共存させる

ZenFone3 ZE520KLですので
内蔵ROMは32GBです
DSDS利用でなければ、microSDで容量を増やせますので、動画や写真,音楽ファイルはそちらに入れておけば、それほど不便はないのですけど

2017-03-30_12-09-33

DSDSでmicroSDを使えない今は
なかなか厳しいです

まあ、事前にわかってて
運用でどうにかなるだろうって思ってたのだけど カメラのSnapBrideやEye-fi mobiでの自動転送が便利なので、カメラ関係のハブとして便利に使えすぎて、どんどん写真ファイルを転送してしまいます
まあ、普段はちょこちょことPCに移動させたり、Googleフォト、Flickrに転送して、本体側から消すようにしてるのだけど
長期でお出掛けを予定すると、今のままだとたりないだろうなあと
GWと盆休み辺りに、X100F+A900(or TG-860)でツーリングとドライブ旅行を考えてるので
それまでには、64GB以上のものにしたいなって考えて
買い替えも検討の一つではあったのですが
大きなハードルとして

DSCN0249

FOMA SIMがmicroSIMだってこと
DSDS可なSIMフリーな端末のほとんどがnanoSIM×2ってのが、困るところ
カットしたり交換したりという手段はあるのだけど
会社貸与の回線なので、なかなか踏み切れず
失敗しないとは思うのだけど、万が一が怖すぎて

ということで別手段として

DSCN0248

こんなものを入手
Hybrid Double Dual SIM Card micro SD Adapter

のnano-nanoタイプとnano-microタイプの2種類
送料込みで381円と格安で、まあ、失敗しても諦められる範囲

で、中国から2週間程度で到着

あとは、

DSCN0251DSCN0250

こんな感じで、SIMトレイに装着
ちょっと位置がずれやすいので、両面テープで軽く位置を固定して、挿入

ヒヤヒヤしながら立ち上げると

2017-03-31_08-38-23

SIM1,2ともにアンテナが立って、DSDSはOK
さらに、microSDも問題なく認識

DSCN0253

格好はよくありませんが、これで固定

TPU系のケースなら、最低限の保護も可能かと

2017-03-31_09-14-26

何かあったとしても、本体側に影響出るようなものではなさそうですし
当面これで行ってみようと思います

あとは、自己責任ですね

auから3度目のMNPへ

バイクや出張での車移動時にDSDS対応のZenfone3を使うことでdocomoAUのエリアの差を痛感

2台で使用時には、運転中に両方を見ることなんてなかったので
auが圏外だとしても、docomoがどうなのかなんてわからなかった
でも、DSDS端末だと両方のアンテナ表示が同時に見れるので、docomoがアンテナ立ってる状況で、auが圏外ってことを多々あることに気がついた
逆は全くないのだけど

ということで、auからの3度目のMNPを検討開始

必須条件は
docomo回線であること
・直近数ヶ月の使用量を考えて、20GB程度のプランが有ること
Screenshot_20170323-074243

Screenshot_20170323-074255

Screenshot_20170323-074300



条件から考えて

評判の良い、Lineモバイル、mineo、Nifmoは最大プランが10GBしかないので無理
大容量プランが無いことで、速度維持が出来てるって面もあるのかなって思うので仕方ないのでしょうね
IIJmioも同じ理由で駄目、まあIIJmioは速度的にも厳しそうなのだけど

スピードテストで偽装しているとみられる
楽天モバイル、フリーテルは、契約した後に落胆する可能性が高いので、これはなしの方向
OCNモバイルもちょっと怪しいみたいなので、パス

DMM mobile、イオンモバイル、あたりなのかってところなのだけど
実効速度おを見る限り、昼の時間帯の速度が遅すぎて気になるところ

で、色々検討しつつ
docomo直も考慮に入れると
端末代を一括で払いさえすれば
月々、7,800円程度で収まる感じ
MVNOだと5,000~5,500円ぐらいなので
2,500円ぐらいの差なので、これなら有りかなと

ということで、時間を見つけてdocomoに行くことにします

バイクや旅行を趣味にすると、docomo回線一択というのを3回めのauからのMNP直前で痛感してます

X100F

2017-03-21_08-28-46

FUJIFILM X100Fを導入
COOLPIX A900が、動画撮影を含めて十分使えるって判断により
GM5+各種レンズをX100Fに変えてもいいかなという判断

実際問題、最近は15/1.7ばかりの撮影だったというのも後押しかな

DSCF5004

ということで、短い時間ながら使った感じの感想

ファインダーは3通りの表示
OVF、EVF、ファインダーの右下にピント位置を小窓で表示するハイブリッドな感じのERF
OVFは明るく、広く見やすいです
もちろんパララックス等がありますので、絶対の信頼度はありません
EVFは、正直なところいい出来とは言えず、見難いかなと
まあ、GM5でも使ってましたから、駄目ってほどではないのですけど
で、今のところERFをメインにしています
まあ、MF使うほどのシーンが無いので、OVFでも十分かなとも思うのですけど
なんか、新しいものを使いたいなって感じで

ファインダーを覗きながら、AFポイントを動かすことができるフォーカスレバーを店頭でいじってみて、最後に一押された感じです
これは、タッチパッドAFより全然使いやすいです
本当にダイレクトに動かせますし、ダブルクリックで中央に戻ります
AFするにも、ERF表示でMFするにも便利だなと思ってます

動画は基本的に使うことは無いと思ってますので、評価なしですね
COOLPIX A900で撮るでしょう

あとは、USBで充電できるというのがポイント
旅先に充電器を持っていく必要がないってのは、荷物を減らしたいバイク旅には最適です

サイズ面でも、GM5+15/1.7よりも薄くなることによって
鞄への収まりが良くなり、持ち運びというか持ち出しやすくなりました
通勤の普段使いのバッグや、ツーリング用のウエストポーチへの収納もらくです

画質に関しては、フィルムシミュレーションを多用していくことになるのかなと
クラシッククロームを中心として
何も考えたくない時には、クラシッククロームPROVIA、ACROSのブラケット
もしくは、クラシッククローム+RAWということになりそうです

これで、ゴールデンウィーク期間中のツーリング旅行は
X100F+TG-860の組み合わせが濃厚かな
X100F+A900だと悪天候時にどうにもなりませんので
悪環境に強いTGシリーズがあると安心です
望遠や動画を重視する状況でも無いと思ってますから
TG-860の社外品の充電器もmicroUSBで充電出来てかなり小型なので、その辺りの使い勝手も悪くありません
まあ、TG-860は画質的には、最近のスマートフォン以下の部分もあるので、本当に記録用という感じにはなりますが