読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Photo Walk

カメラを持ってぶらぶら(NewFM2,GR1s,DMC-GM5 etc.)

2017 GWのツーリング

今年のGWはツーリングメインとなりました

GWの初日は、土曜日で人出も多いかなと思い
休養日にあて
4月30日からの行動としました

今年は、四国をぐるっと巡り
3泊4日の予定でのスタートでした

4/30(1日目)

四国への移動は、宇品港から松山港までのフェリーを利用

DSCN0371

しまなみ海道とかも考えたのだけど、疲れるだけで景色も大して良くないのでパス
第一の目的地の

2017-05-08_02-25-53

灘駅
とにかく、観光客が多くて
写真を撮るのも大変で、ポスターのような状況にはならなかったです
早朝とかなら行けたのかなとは思うけど、
そこまでする余裕もなかったので

その後、佐田岬を目指し
なかなかの楽しい道をゆっくりと回ることが出来ました
ということで、初日は終了
宇和島のビジネスホテルへ宿泊

Screenshot_20170430-195415



こんな行程
200kmちょっと
5/1(2日目)

2日目は
四万十の沈下橋を目指すことに
代表的な沈下橋を調べ、それに向かって移動を開始

DSCN0391DSCN0396

目的地以外にもたくさんの沈下橋を見ながらの移動になりました
川沿いをゆっくり走ることが出来、2日目の午前中も大満足
その流れで、足摺を目指すことに
今度は、海を見ながらの移動

DSCN0398

周囲の270度以上が海という、圧巻の状況に感動して
2泊目の宿を取った、高知への移動
これも、海を見ながらゆったりとした移動で気持ちよかったです

Screenshot_20170501-182926



この日も200km超え
宿泊は高知駅前のビジネス
屋根の下に止めさせて貰えました

5/2(3日目)

とりあえず、3日目の宿は、ちょっと立派な温泉宿で宿泊
ということで、早めに宿へという予定だったのだけど
前日の足摺岬の感動から
室戸岬へ行くことに

DSCN0413

こちらは、岬付近はあまり感動的な景色は無く
ちょっと登った、灯台の周辺と
さらに登った、室戸スカイラインの景色は良かったです

Screenshot_20170502-172439



3日目は、だらだらとした移動が多め
この日も200kmを越える移動
祖谷の温泉宿へ宿泊

5/3(4日目)

当初の予定だと
この日は、香川でうどんを食べて
広島へ帰る予定だったのですが
せっかく、ここまで来たなら
和歌山へ渡ってみようという、謎の思考が働き
徳島港
11時の便に乗るのが必須条件ということも有り
高速を使ってワープ

バイクは、20台までといことで
10時05分頃到着で
19,20台目ということで、奇跡の滑り込みで、喜んでいたのだけど
降りるときに見てみたところ
30台以上は、載せてたようです
20台は確定で、あとは載せれるだけ
ってことなんでしょう

で、またまた岬をということで
潮岬を目指します
この日は、各所渋滞で
当初は、15時過ぎぐらいに着予定だったのだけど
夕暮れ間近の17時頃に到着

DSCN0420

こちらもなかなかの眺望
ぎりぎり灯台にも登ることが出来ました

Screenshot_20170506-151240



この日は、由良で宿泊
ガレージに止めさせて頂き
美味しい海鮮を食べて就寝
2,3,4日目はMate 9のGoogleMapのタイムライン取得がうまく行かずに、酷いことに
この日は300kmは軽く超え、多分400kmは走ったかなと

5/4(5日目)

6日は雨という予報
とにかく、5日に帰宅するための移動が主目的
兵庫岡山あたりに移動することに
ただの移動だとさすがにもったいないので
周辺で景色が良さそうな
高野龍神スカイラインを目指すことに

DSCN0429

まあ、こんなものかなという感じ
そこまでの感動は無し
悪くは無いのだけど、物足りない感じ

その後は、町中をメインに走ることになり

Screenshot_20170506-151208



ひたすら移動といった感じ
300km超えのロングラン
宍粟市という、初めてのところに宿泊

5/5(6日目)

とにかく帰るだけ
途中写真を撮ることもなく、休憩をはさみつつ
走り続けて、帰宅

Screenshot_20170506-151159



200km超え

6日間合計は、トリップメーターで確認したところ
1725km
というような6日間の旅
疲れましたが、満足できた旅でした

まあ、最後の2日は無理やり突っ込んだ予定のため
ちょっとグダグダ感はあります
もうちょっと有効活用出来るようなルートなり予定を組むことができれば良かったのですけど